サンノゼ基本情報

観光ガイド

ショッピング&フード

ホテル

このサイトについて

このサイトはサンノゼ観光ガイドです。観光ガイドブックでもサンフランシスコのおまけ的な扱いのサンノゼですが、日本から仕事や観光で訪れる方も多くいます。このサイトでは、サンノゼに旅行するに当たって知っておきたい情報をまとめました。

JAL 日本航空

サンノゼ市内観光ガイド

サンノゼは有名な観光都市ではありませんが、何といっても百万人都市。ひとそろえの観光スポットは揃っています。このページでは、バスやVTA、頑張れば徒歩で散策できる範囲内にあるサンノゼ市内のスポットを紹介します。郊外のスポットは次のページをご覧ください

中心部・ダウンタウン

サンノゼのダウンタウンは、テックミュージアム、HPパビリオン、サンペドロマーケット、サンノゼ州立大学で囲まれたエリア。このエリアには、アートミュージアム、コンベンションセンター、シアター、繁華街など市の主要施設がコンパクトにまとまっています。徒歩あるいはライトレールで十分にまわれる広さです。Adobeの本社もありますね。無印良品もある。

アメリカ合衆国 カリフォルニア サンノゼ

サンペドロ・スクエアマーケット

小さめのレストランやグルメなどの専門店街。セルフ形式で屋外、屋内で食べるスタイルです。ちょっとおしゃれで大規模なフードコートといった雰囲気です。市内の中心部にあるので行きやすいと思います。

sanjose_sanpedoro_squaremarket
San Pedro Square Market
所在地 San Pedro St. テックミュージアムから歩ける距離
URL http://www.sanpedrosquaremarket.com/
ひとこと ランチに困ったら。

日本人街(ジャパン・タウン)、日系人博物館

日系人の町です。サンノゼと日本の関わりは古く、例えばサンノゼ空港の正式名称「ノーマン・Y・ミネタ」は、日系アメリカ人として始めて閣僚となった人物の名前です。ジャパンタウンも、第二次大戦中の日系人収容所の歴史と関係のある街です。今は寂れた小さい街なので、横浜にあるチャイナタウンのようなものを想像していくとがっかりします。あくまで日系人の歴史に興味のある方向けのスポットだと思います。かつての日系人とその子孫は、今は現地に溶け込んで生活しているので、固まってコミュニティを作らなくてもよくなったのかもしれませんね。

日系人の辛い歴史を学ぶことができる日系人博物館があります。歴史好きの地元の資料館みたいなのが好きな人向けで、普通の観光客が行くとがっかりするかもしれません。ジャパンタウンは比較的安全なところですが、近くにはサンノゼの中でも治安が悪いところがあるので、街の雰囲気に注意が必要です。

Japanese American Museum of San Jose
所在地 535 North Fifth Street
入場料 5ドル
URL http://www.jamsj.org/
ひとこと 開館時間は短く、休館日が多いので注意。月曜、火曜、水曜、祝日が休み
600_sanjose_museum_jpn
地元の資料館という雰囲気
Paul George

セント・ジョセフ・バシリカ大聖堂

1800年代に立てられたカトリックの大聖堂です。市内の中心部にあるためテック博物館と並んで目立つ建物です。ステンドグラスが素敵な教会です。基本的には宗教施設なので観光気分だけで行かないように。

http://www.stjosephcathedral.org/

名所・観光スポット

ダウンタウンから少し離れた場所にある、主な観光スポットを紹介します。バスなどの交通手段が必要です。

ウィンチェスター・ミステリー・ハウス

お金持ちの未亡人が占い師の言われるがまま、38年間ひたすら立て続た建物です。巨大なビクトリア王朝様式の洋館で幽霊屋敷として知られています。アメリカ人にとって「洋館」ってどういう位置づけかわからないのですが、ともかくもその巨大さと建築の経緯の奇妙さから観光スポットになっています。「亡霊がたどり着けないように」と出口のない扉や壁に突き当たる階段など迷路のようなつくりになっています。

お城とか異人館とかの見学が好きな人には楽しい場所ですが、しょせんはひたすら大きい洋館、途中で飽きる人もいると思います。日本語ガイドはもらえるがツアーは英語です。場所がちょっと不便です。サンノゼの巨大ショッピングモール「サンタナ・ロウ」や「バリフェア・ショッピングモール」が近くにあるので、ついでに寄ってみてもよいでしょう。

Winchester Mystery House
所在地 525 S Winchester Blvd, San Jose
バスかタクシーで行く。市の中心部ではない。
入場料 30ドルぐらい(ツアーつき)。意外と高い
URL http://www.winchestermysteryhouse.com/
ひとこと ネットでツアー時間の予約ができる。

サンノゼ市内にあるワイナリー The J. Lohr

カリフォルニアといえば地球改正気候でワイン作りが盛ん。ここは、郊外の観光地のページで紹介しているサンタクララ(シリコンバレー)ワイナリー協会加盟ワイナリーの中で1軒だけサンノゼ市内にあるワイナリーです。時間と交通手段がない方でも行きやすいと思います。といっても、サンノゼ店ではツアーはなくテイスティングだけのようです。英語のツアーを聞いてもよくわからないし、テイスティングだけのほうがいいという人も多いはず^^;おすすめです。

The J. Lohr San Jose Wine Center
所在地 1000 Lenzen Avenue, San Jose
URL http://www.jlohr.com/
ひとこと 予約は不要とのこと。ホームページのVist Usに詳細。
Facebookもやってるみたいなので聞いてみてもいいかも。

サンノゼ・フリーマーケット

北米最大の屋外フリーマーケット。120エーカー(東京ドーム10個分ぐらい?)の敷地に2000店以上が出品します。水・木・金・土・日に開催されていて週末にかけて出展数が多くなる。個人ばかりというわけではなく、メキシカンの業者なども多いですが、アメリカのガラクタ探しに行ってみるのも楽しいです。

San Jose Flea Market
所在地 http://www.sjfm.com
URL http://www.sjfm.com
ひとこと 週末に行くのがよい

美術館・博物館・動物園

徒歩やVTAで行ける博物館・動物園の紹介です。市外の博物館は、郊外のスポット案内のページをご覧ください。

テック・イノベーション博物館

シリコンバレー散策の定番。シリコンバレーのハイテク企業の寄付で立てられた博物館ということで、テクノロジについて楽しく学べる博物館になっています。シリコンバレーならではのミュージアムです。触って遊べる展示物が多いです。建物は青いドームが印象的な建物で、サンノゼ市中心部のシンボルになっています。サンノゼ美術館の近くにある。

The Tech Museum of Innovation
所在地 サンノゼ市中心部。コンベンションセンター横
110 South Market Street
入場料 大人20ドル、子供15ドル
URL http://www.thetech.org/
ひとこと 時間があればIMAXシアターも。

サンノゼ美術館

サンノゼの一番の繁華街・中心部にある。モダンアートの美術館です。テック・イノベーションミュージアムの向かい側にあるので、ミュージアムショップだけでも行ってみるとセンスのいいお土産が見つかるかもしれません。

600_sanjose_museum_of_art
San Jose Museum of Art
所在地 サンノゼ市内、テックミュージアムの向かい
110 South Market Street
入場料 大人8ドル、子供も5ドル
URL http://www.sjmusart.org/
ひとこと ミュージアムショップもなかなかよい。

子供のための発見博物館

子供のための発見博物館(チルドレン’s・ディスカバリー・ミュージアム)は、子供のためのサイエンスミュージアムですが、大人も楽しめるスポットです。

San Jose Children’s Discover Museum
所在地 サンノゼ市内
180 Woz Way San Jose, CA 95110
入場料 大人も子供も12ドル
URL https://www.cdm.org/
ひとこと 大人も楽しい家族のための博物館

バラ十字古代エジプト博物館

サンノゼでなぜエジプト・・・という印象はぬぐえないものの^^;、意外とこれがまた充実している博物館です。インディージョーンズ気分でどうぞ。

The Rosicrucian Egyptian Museum
所在地 サンノゼ市内
1660 Park Avenue San Jose
入場料 9ドル
URL http://www.egyptianmuseum.org/
ひとこと テックミュージアムからバスで20分ぐらい

ハッピーホローパーク&動物園

市内にある動物園と公園。公園は、小さい子供向けの遊園地にもなっていて楽しい。

Happy Hollow Park and Zoo
所在地 サンノゼ市内
1300 Senter Rd, San Jose
入場料 大人も子供も12.95ドル
URL http://www.hhpz.org/
ひとこと ファミリー向けの施設ですね。